体型を変える為に激しい運動は必要ですか?


テーマ:

 

「体型を変える為に激しい運動は必要ですか?」と言うご質問にお答えしますね。

 

 

皆さんは、激しい運動と言いますと、どういった運動を思い浮かべるでしょうか?

 

 

毎日10キロ位のジョギングや、エアロビクスや、ダンスなどでしょうか。

 

 

40歳で65キロまで太った私が。今の52キロの体重に変わるまでの、私のお話をします。

 

 

私は23歳位の頃、「痩せたい!」と言う願望が人一倍ありました。

 

 

164cmで57kg位でしたので太ってはいませんでしたが、お尻が大きく脚がとても太かったのが悩みの種でした。(お腹もぽっこり出ていました。汗)

 

 

「激しい運動をしなければ痩せない!」と思って仕事の後にスポーツジムに週3回は通い。

 

 

エアロビクスや、エアロバイクを1時間以上していました。

 

 

プールでも水中ウォーキングや、平泳ぎで1000m泳いだり。

 

 

当時まだヨガという名前を誰も知らなかった頃に、NYでヨガを学んだ女性に教えてもらったりもしていました。

 

 

もともと凝り性で、ダイエットも色々試してみましたので、

 

 

体重は53㎏・・・50㎏・・・28歳の頃にはお仕事もハードだったせいもあり、48㎏に。

 

 

遂に47㎏になった時には父母にどこか悪いんじゃないかと、本当に心配されてしまいました。

 

 

(やったー!!遂に47キロになった~!)と、本人(私)は大喜びしましたが…。

 

 

顔はやつれた様になり、お友達にも「どうの?遠くから見たら、ホーッて言っているのかと思った!」・・・と言われて。

 

 

初めて自分の顔がムンクの叫びの絵の様に、痩せこけて、頬骨がとがって飛び出ている事に気が付きました。

 

 

細くてスラリと美しい体になる為にやっていたはずなのに…。

 

 

体重は減っても、一向に脚は細くならず、ウエストはくびれず、お尻は大きいままでした。

 

 

お尻は92cmより小さくなりませんでしたし、太ももも、53cmより細くなりませんでした。

 

 

そして、お腹はたるんで下の方にタルタルの浮輪の様になってしまい。

 

 

猫背で姿勢が悪く、頭は肩よりとび出ていて、背高ノッポでストレートネック。

 

 

ずっと肩こりが酷く、頭痛がするほど首が痛かったです。

 

 

でも、体重は47キロです!!

 

 

体型は細く鶏ガラの様にガリガリになりましたが。

 

 

今の私の様に…「私のようになりたい!」とは、誰からも言われませんでした…笑

 

 

体型を変えるという事は、筋肉の使い方を変えて、体を支える為に必要な筋肉を育てるという事です。

 

 

その為には、もともとの立つ姿勢を変え上半身を支える骨盤を、平らにしなければなりません。

 

 

腕、脚を除いたボディは、とても重いのです。頭も体重の10%、5~6㎏。

 

 

その重い重いボディと頭をのせているお盆の役目が骨盤です。

 

 

骨盤が傾いていると、上体と頭を上手く支えられませんよね。

 

 

骨盤の傾きを整えて「上体を骨盤の上にトンっと置く、そして頭を肩の真上にトンっと置く」

 

 

・・・そんな体にすれば、腰や首、太ももの前などに負担はかからず、ほっそりとなります。

 

 

身体を支える為に必要な筋肉のトレーニングは呼吸を大切にして。

 

 

激しく動くよりも、ゆっくりした小さな動きで、姿勢を司る筋肉をじっくりと育てていく感じです。

 

 

身体を引き締めるだけでなく、細い二の腕、くびれた腰、小さなヒップ、細い脚など。

 

 

体型を変える事が目的ならば、身体を支える筋肉を育てて、体型のバランスの悪くなる部分には、筋肉の盛り上がりが出来ない様にする事の方が大切です。

 

 

激しい運動は、筋肉の流れを感じる事もないまま、ただ無我夢中で手足を動かしているだけで、体幹を意識して動かしている訳ではありません。

 

 

運動やスポーツは、気分転換やリフレッシュの為です。

 

 

楽しんで運動やスポーツをする為にも、骨盤をニュートラルな位置にあると、どんな動きにもぶれません。

 

 

そして、ぶれない身体を作る事が、結果的に重心を安定させ、体型を変える事にもつながって行くのです。