今ついている脂肪を落とす方法とは?


テーマ:

 

今ついている脂肪を落とす方法とは?

 

「体型を変える事に激しい運動は必要ないなら。今、ついている脂肪はどうしたらいいの?」という疑問が出てきますね。

 

実は、姿勢の歪みによって、脂肪のつき方と言うのはだいたい決まっています。

 

どんな風に自分の脂肪はついているか、自分の身体を鏡で横から見てチェックしてみましょう。

 

体型はよく洋ナシ体型リンゴ体型バナナ体型と3種類に分ける事ができると言われます。

 

果物のカタチでそのまま、人の体型を表現しているのですね。

 

洋ナシ体型というのは、上半身はそんなにボリュームがなくて、お腹周り・お尻・太ももなどに脂肪がついている体型です。

 

リンゴ体型と言うのは、丸く、背中・二の腕・お腹・お尻などに脂肪がついているけれど、ふくらはぎから下はほっそりした体型。

 

バナナ体型は、ひょろりと細く、脂肪はあまりついていないけれど、筋肉もついていない、細長い体型です。

 

脂肪のつき方と言うのは、骨盤の傾き、つまり姿勢によって、このようにだいたい決まってきます。

 

では、今ついている脂肪を落とす為にはどうしたらいいでしょうか?

 

それは、有酸素運動を毎日の生活に30分程取り入れる事です。

 

有酸素運動とは、エアロビクス、ジョギング、ウォーキング、ステッパー等酸素を体に取り込むことで、脂肪を分解する運動の事です。

 

ダイエット(食事制限)と同時進行で始められると、相乗効果でより効果的に体重を落とす事ができるでしょう。

 

私の『RIEボディバランス・エクササイズ』では、脂肪を分解してエネルギーに変え、呼吸法を使った自体重の筋トレをする事で骨盤を起こしながら、身体の内側から体幹を鍛えています。

 

また呼吸を使って代謝をあげて、効率良く脂肪も燃焼させて行きます。

 

レッスンの大まかな流れを書きますね。

 

1、有酸素運動であるコリオ(音楽に合わせた振付)で身体を温めながら、ストレッチ効果も入った動きを30分。運動が苦手でも。簡単なダンス要素もあり楽しみながら体を動かす事ができます。

 

2、音楽のリズムに呼吸を合わせた、身体各部の筋力トレーニングをしていきます。ダンスミュージックに合わせて有酸素運動を取り入れた動きでボディ(手脚を除いた部分)のバランスを整え、歪みのない真っ直ぐな姿をキープする為に必要な筋肉をつけていきます。

 

3、そして、硬くなった筋肉を伸ばすストレッチマット、いす、ボール等を使いながら。一人一人の骨盤の傾きに気を付けながら、無理やり伸ばすストレッチではなく。呼吸で息を吐きながら、その人の動きに合ったストレッチを見極めてやっていきます。

 

筋肉の硬くなったり、リンパの流れの悪くなった部分をさすったり、もんだり、ゆるめたりするセルフマッサージもします。

 

エアロビクスにしても、ウォーキングにしても、マラソンにしても。脂肪を燃焼させる有酸素運動の一つです。

 

筋肉で体を支えて、引き締まった理想の体型になる為には、ちゃんと順番があります。

 

頭の中で、この体操は何の為にやっているんだろう?と自分なりに考えて、理解して、そして何度もやってみることが大切なのです。

 

「みんなやっているから」「汗をかいて痩せそうだから」ではなく。何の為にやっているのか、を常に考えながら。

 

頭の中に「理想の体型」までの地図を描きながら、真っ直ぐに進んで行きましょう。

 

 

『RIEボディバランス・エクササイズ』

ボディメイクインストラクターRIE

 

レッスンのご案内です。下のバナーをクリックして下さい。

 

東京銀座・清澄白河・門前仲町・木場・水天宮前・日本橋・秋葉原 ・神田各スタジオ、Zoomオンラインにて開講中